事の起こりは、自分が二十歳の時、会社で意味不明のめまいで倒れて一週間入院したことが借入の始まりとなる。
最初は会社が立て替えてくれるという話だったのだが、会社に貸しを作るのがなんか嫌で、銀行から10万をおろして会社に立て替えてもらったお金を全額返したのである。
今思えば分割で会社に地道に返済すればよかったと思う。
当時はいつまでも同じ会社に縛られるのが嫌すぎて、会社に借金など作るべきではないという考えでいたのだろうと思っている。
銀行からお金を借り入れた時は、これから起こるである惨劇なんて予想することもできなかった。

無知だった自分!利子地獄の始まり!

当時声優への夢を一時収束させていた自分は、派遣を続けてがむしゃらに働いていた。
でも、アルバイト同然の派遣の給料では月々の生活費を払うので精いっぱいだった。
足が腫れようが、頭痛がひどかろうが昼夜問わず一生懸命働いたが、なかなか借金は返し終われない。
分割で少しずつ払っていたのが悪かったのだろうか、利子というものがついているみたいだった。
自分は銀行のクレジットカードを使っていたから、実は利子もそんなについてなかったのかもしれないが、なかなか返し終われない状態にはだんだん苛立ちを覚え始めていた。
身から出た錆、という言葉がその時の自分に合う言葉だろう。

気分の浮き沈みが始まり、自分は体を壊し買い物依存症に陥る!

お金を借りている状況が続くと、カードの中のお金が自分のものに思えてくるのか、ホントはお金がないのに、お金があるような錯覚に陥っていく。
たくさんお金を持っている気になっているので、どんどん買い物をした。
何万もする服を何着も買い、靴も何足も買い、給料で足りないときは借金をして家賃を払う。
今考えたら自分でもおかしいくらい、お金の使い方がおかしい状態だった。
いつかは返さなければいけないお金なのに、どんどん使って、一回に返済する金額はついに2万を越えるようになる。
その頃には自分の体調と精神はボロボロになっていて、自分で働くこともできなくなっていた。

借金してることが家族にバレて、自己破産を迎えることに!

心身ともに廃人とかした自分は、帰る予定もなかった実家の敷居をまたいだ。
言うつもりではなかったが、自然と銀行に借金していることが母と姉に語らなければならない状況に陥る。
勿論のこと、二人は真剣な顔で悩んでいた。
家族に困った顔をさせた自分に罪悪感を覚える。
自分は家族の薦めで法テラスを使って、自己破産をすることになった。
総計、約200万円の借金は返そうと思えば返せる金額かもしれない。
しかし、躁うつ病を患っていることを知った今は自己破産が一番の対策だったように思える。
今は怖いのでクレジットカードの類は一切作っていない。
これからもクレジットカードは二度と使わないだろう。